菜っ葉な雑記。

短い 花の命を ささやかなこの 愛で染めたい。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【記事】はやぶさちゃん快挙!

 はやぶさちゃんは大気圏で燃え尽きましたが、とうとう成果が見つかったそうです。

  「はやぶさ」に微粒子、地球外物質の可能性 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 トシなのか、最近涙もろくなって、こういった記事ですらうるうる来ちゃいます。
関連記事

| 天文 | 06:19 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

むおぉ、はやぶさの魂(?)の中身が解明されつつ
あるようですね!

貴殿からお借りしてる本の、はやぶさの漫画を読むだけで
涙がちゅるりとこぼれる私はきっと歳。

昨今、はやぶさ2号の予算に希望が出てきたらしいので
(某仕分けで削られたハズなんですが)
はやぶさの未来予想図に期待が沸きますね。

ロマンって生きる為にはいらないかもしれないけど
人が未来へ歩いていくには必要な要素なのかもしれませんね。
と、クサイ事を言ってみたりします。ウヒュ

| ジャック | 2010/10/08 13:29 | URL | ≫ EDIT

マロン(違。

>ジャックさん。

 現代萌衛星図鑑のはやぶさちゃんの章は、涙無くしては読めませんね。

 アンチテーゼですが、星新一氏の作品に、

 地球から遠く離れたある知的生命体の住む星に辿り着いた乗組員達。
 現地の住民に熱烈歓迎されるが、その星の異常な繁栄ぶりに驚かされる。
 一体どうしたらこんな繁栄を出来たか住民に聞くと、
 「私たちは宇宙開発を一切せず、星の開発に全ての技術、資金を注ぎ込みました。
  あなた達はどれだけの資金や犠牲を払ってこの星まで来たのですか?」

 と返される、というショート・ショートでした。
 言われていることはもっともで、私も好きな作品のひとつですが、
やっぱ宇宙船地球号の住民としては、夜空に挑むのもロマンですよね。

| 菜。 | 2010/10/09 03:11 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。